私の成長ストーリー これから、みなさんは仕事でたくさんの自己成長を感じることでしょう。そこで、自分らしいプロを目指すみなさんの参考にしていただくために、TDS社員によるリアルな成長ストーリーをご紹介します。

私の成長ストーリー これから、みなさんは仕事でたくさんの自己成長を感じることでしょう。そこで、自分らしいプロを目指すみなさんの参考にしていただくために、TDS社員によるリアルな成長ストーリーをご紹介します。

webデザイナー 岡部佑亮

webデザイナー 岡部佑亮

  • 進学は小さなきっかけから
    Webデザインに興味をもったきっかけは、仲のよい友人からの影響でした。「自分たちが作ったデザインをWebにアップできるなんて、面白そう!」と。それで、高校を卒業すると同時に、Webデザインの専門学校にいきました。専門学校では、Webブラウザの歴史や背景、デザインの基本的な部分から、HTMLの書き方やCSS・JavaScriptなどの実用的な部分まで幅広く学ぶことができました。その他にも、ユーザー分析やユーザーの行動フロー、ユーザビリティなどを考慮したデザイン制作もWebでは非常に重要なことです。
    初めは全く知らないことばかりだったので、とにかく新しいことを覚えるのが楽しくて。どんどんWebデザインの世界にハマっていきましたね。
  • アルバイトでの経験をPR
    専門学校で、企画からコーディングまでWebサイトを制作する上で必要なことは一通り学んでいました。また、プレゼンテーションをする機会もあったので、面接の際もあまり緊張せずに済んだように思います。
    ポートフォリオの中で一番印象に残っている作品は、学校の近所にある米屋さんのECサイトです。制作の際は、シニア層の利用が多いことから誰にでも使いやすいサイトを目指しました。また、「購入」ボタンや「送料無料」の文字情報などの購入を後押しする情報を目立つよう配置するなど、ECならではの工夫もあります。初めてアルバイトとしてお金をいただいた仕事でもあったので、自分にとって大きな経験になったと思っています。
  • 新しいことに挑戦する会社
    TDSの印象は、WebだけでなくSPや紙面などデザインの領域も広く、会社説明会で紹介いただいた事例も、よく知られている企業が多かったので、凄そうな会社だなと思いました。「入社したら、自分のデザインが、人の目に触れる機会も多いかも」と。また、最新の技術やデザイン表現を使った面白い動作や演出のWebサイト事例もあり、その技術やアイデアに興味が湧きました。もともと飽きっぽい性格だったので、同じことを繰り返すような仕事よりも、新しいことに挑戦できる環境の方が長く続けていけそうと考えていました。この会社だったら、どんどん新しいことを取り入れていけそうだから、自分に合うなと思ったんです。
  • 学校と仕事の違いに葛藤
    最初は、バナーの修正や写真のトリミングなど先輩のお手伝いが中心。ひとつのWebページをまるごと担当したのは、入社して3~4ヶ月後だったと思います。そこで学んだことは、自分がよいと思うデザインとクライアントから求められるデザインは必ずしも同じではないということ。自分の意見が、なかなか採用されないことに葛藤していました。きっと、その頃は自分の意見を貫けるほどの提案力も、納得させるだけの技術もなかったんですね。仕事は予算やスケジュールなど様々な制約の中で行われます。自分がやりたいことばかり、ぽんぽんとやっていくわけにいかないのです。制約の中で、どれだけよいものを作るかを考えることが大切ですね。
  • プロの仕事から学ぶこと
    初めて、撮影に立ち会った日のことです。先輩からカメラマンに指示をするように言われたのですが、全く分からず緊張もしていたことから、うまく立ち回ることができませんでした。気持ちを切り替え、モデルに指示をしてみることに。すると、さすがプロのモデル。指示に対して100点のものが返ってきたんです。さらにカメラマンにも指示をしてみたところ、パシッと完璧なものが返ってきました。そのとき、やっぱりプロって凄いんだなと。それに対して、自分はこのままでは申し訳ない。それ以降、細かいところまで気を利かせ、デザインの視点から撮影にこだわりをもつよう心掛けています。
  • 関われる幅が広がる毎日
    現在は、サイトの企画やユーザーの使い勝手を考慮したワイヤーフレームの作成など、上流から関われるようになり、自分の意見やアイデアをクライアントに提案しても採用いただけるようになりました。また、撮影のディレクションにも慣れ、当時のカメラマンと今も一緒に仕事をしています。すっかり息も合って、とてもよい関係を続けていますよ。
    また、PCサイトのデザイン以外にも、アプリケーションやスマートフォンサイトのデザインと幅広く行っています。さらに直属の後輩もでき、デザイナーとしての個性や感覚を尊重しながら、どこまで踏み込んだアドバイスをすべきか悩んでいますね。
  • 流行を追うことが楽しい
    最新のITガジェットや技術を駆使した、未だTDSの事例がないような領域のアプリケーションやデザインの開発がしたいです。スマートフォンやアプリケーションは、PCのデザインとは異なり、人が指で触れた直感的なアクションを考慮したデザインをしていかなくてはなりません。
    私は、新しい流行を作るような世の中に影響を与えられる大きな人に憧れます。今はまだ流行を追うことで精一杯ですが、そういった新しい表現や面白い技術に触れていくことが楽しいですし、新しいものが出たら臆することなく、とにかくいろいろなものを試して吸収していきたいですね。
学生の皆さんへメッセージ あまり物怖じしていても仕方がないので、とりあえず自分の考えを発信してみてはいかがでしょうか。就職活動で不安ばかりを感じていても、何も変わりません。思い切って吹っ切れてみるのもいいと思いますよ。

あまり物怖じしていても仕方がないので、とりあえず自分の考えを発信してみてはいかがでしょうか。就職活動で不安ばかりを感じていても、何も変わりません。思い切って吹っ切れてみるのもいいと思いますよ。

PAGE TOP

採用エントリー・募集要項の確認はこちら