メニュー

About us

当ラボは、人、モノ、社会の間にあるコミュニケーション課題を解決に導く
株式会社テイ・デイ・エスにおける企業・サービスの
クリエイティブディレクションを専門に行うチームです。

「こんなブランドをつくりたい」
「ブランド戦略の立案がうまくできない」
「ブランドで競合との差別化を図りたい」

などのモヤモヤをクリエイティブの視点で解決します。
企業やサービスのクリエイティブディレクターとして、
クライアントが対面している状況、市場環境、戦略に合わせて、
ブランド構築・マネジメントをサポート、ときに牽引していきます。

Our visionメニュー開閉

ブランドに、
もっとクリエイティブを

いいブランドをつくるためには、どうやら欠かせないことが4つあると思っています。

はじめの一つは「想い」です。
そのブランドに関わる人の強い想いがないと、ブランドづくりは力強く前に進むことができません。「想い」は、ブランディングの大事な原動力です。

二つ目は「分析」です。
現在のブランドが顧客や取引先などにどんな体験を提供しており、社会や市場と比較したコア・コンピテンシーはなにか、どんなマーケットポジションニングを取っているかを把握することはブランドづくりの指針を決める重要なステップです。

三つ目は「戦略」です。
ブランドターゲットや、目指すべきブランドポジションを定め、
ビジネスの軌道に乗せるためには、適切な戦略が欠かせません。練られた戦略は、ブランドの成功を近づけるものだと思います。

そして、さいごの一つ。
それが「クリエイティブ」です。
当ラボは、ブランドづくりには、質の高いクリエイティブが絶対に欠かせないと考えています。新しいブランドをつくり、あるいはブランドをつくり直し、それを世の中の人が目にしたとき「いいな」と感じ、そのブランドを「好き」になる。その「いいな」や「好き」を得るためには、クリエイティブの力が、きっといるはずです。いや、絶対にいる、と言い切りたい。
クリエイティブとは、ブランドの伝え方であり、見せ方で、世の中の人々に小さくない印象を与えるものだから。
当ラボは、日本のブランドには、このクリエイティブの力がまだまだ足りないと感じています。だからこそ、僕たちは、あらゆるブランドがもっとクリエイティブに力を入れる世の中に変えていきたい。

「想い」や「分析」、「戦略」だけでなく、「クリエイティブ」も同じように重要で、
その四位一体のブランドづくりが当たり前になる世の中にしていきたい。
いささか大きすぎる志ではありますが、その実現に向かって、当ラボは奮闘していきます。

Our missionメニュー開閉

そのブランドがいちばん光る
クリエイティブをつくる

当ラボのミッションは、ブランドがいちばん光るクリエイティブ戦略を考え、つくり、マネジメントすること。そして、ブランドの価値向上に貢献することです。
そのために、企業やサービスの責任者がブランドに込めた想いを汲み取るとともに、ブランドの本質を見つけることに努めます。
そして、さまざまなバックグラウンドを持ったメンバー一人ひとりの専門性を組み合わせて、いちばんいいクリエイティブ戦略を立案し、制作、マネジメントを行ないます。

企業やサービスの責任者から「こういうことをやろうとしているんだけど、何をつくってどう見せたら効果的かな?」といちばん初めに相談してもらうクリエイティブパートナーとして、ブランドの価値向上、それはつまり、売上向上、知名度向上、イメージ向上に力を尽くします。

TOP